ステンレスはこんなに綺麗でかっこいい

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

ステンレスの用途は建築、工業な言った分野で多く使用されておりますが、今回のお仕事は

『オブジェ』

として使用されました。

まずは、写真をご覧ください。

 


 

 




これは、某大手自動車ディーラー様の店舗に設置されたオブジェです。
青、赤、緑それぞれのパネルがありますがこれは、長野県飯田市の名産品である

水引

を刻み、漆喰を混ぜ込んで左官職人さんが精魂込めて塗ったものです。

水引とは、結婚式のご祝儀袋などの紙製の紐の事です。

そしてその中にある六角形の集合体がステンレスのSUS304です。

この六角形の幾何学模様はCADで設計し、そのデータをレーザー加工機に読み込ませて切断しました。


 

写真上がCADで描いた図面で下が実際に加工されたものです。

このデザインは

佐野やの小林さん

によるものです。

小林さんは県内に留まらず、全国を飛び回って数々の有名な店舗のデザインをされております。
こちらから佐野や小林さんがデザインした店舗をご覧になれます。

とても斬新なアイデアをお持ちで、一緒に仕事をさせていただくととても刺激を受け、私に新たな感性が芽生えるのを実感します。
そして、今回あの水引に命を吹き込んで塗装されたのが

『一級左官技能士 平石 智久さん』

です。

今回、このお二人と仕事をご一緒させていただいたことで新しい分野があることに気付きました。
もはやなんでもありです。これからも楽しみです。

それでは今日はこの辺で失礼したいと思います。
どうもありがとうございました。

関連リンク
レーザー加工で幾何学模様

※よかったら下のいずれかのボタンをボチッと押してください^^

  • はてなブックマークに追加


2017年11月11日